入稿データ作成ガイド

作成前に必ずお読みください!

ご入稿していただくデータは、専用のテンプレートをご利用ください。

大サイズ、中サイズ、小サイズの3サイズご用意しております。また、Pバナーは片面印刷の商品です。両面に印刷することはできません。裏側はデザインが左右反転した見え方となります。棒袋の向きは左右どちらにでも対応できますので、どちらを表面にするか決めていただき、テンプレートをお選びください。表面から見て左側にポールを通す棒袋が付くものを「左棒袋」、右側にポールを通す棒袋が付くものを「右棒袋」といいます。一般的な既製品は左側にポールを通す仕様になっています。

Pバナー 大サイズ 左棒袋

Pバナー 中サイズ 左棒袋

Pバナー 小サイズ 左棒袋

Pバナー 大サイズ 右棒袋

Pバナー 中サイズ 右棒袋

Pバナー 小サイズ 右棒袋

データ入稿でいくつか注意点がございますのでご確認ください。

作成サイズについて

データは原寸サイズで作成してください。10分の1サイズなどは不可。

データ作成について

アウトライン

[1] すべて編集可能なパスデータで作成してください。
[2] 文字はすべてアウトライン化してください。
[3] 色はCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)で作成してください。※RGBカラーは使用しないでください。
[4] データは.ai形式で保存してください。※拡張子を必ずつけてください。 (拡張子とは タイトルの後に付く.aiの事です)

塗り足しについて

[1] Pバナーのデザインは入稿される際、仕上がりサイズより20mm外側の青線まで必ずデザインを行ってください。
[2] 背景色が白以外の背面色や画像を使用する場合は、仕上がりサイズより20mm外側まで色を付けてください。
塗り足しが無い場合や塗り足しが少ない場合、白地が出る可能性があります。

色について注意点

■色の再現性は、印刷方法・媒体により異なります。パソコンのモニターとはイメージが異なるためご注意ください。
■印刷機の個体差により同じ色設定の出力でも、色の表現が若干異なる場合がございます。
■色指定をされる場合は色見本(印刷物など)を郵送して頂くか、PANTONEフォーミュラガイド(GP1601N)で指定をお願いします。

画像使用について

[1] 原寸サイズで解像度100dpi以上の画像をご使用ください。
※画像解像度100dpi以下の画像の入稿に関しまして、画像の荒れ等の保証はできません。ご了承ください。
[2] 使用した画像は、Illustrator上で埋め込まず、リンクでの配置で作成してください。
[3] データ(.ai形式)と使用した画像は全てフォルダにまとめご入稿ください。※配置している画像はモレなく全てご用意ください。
[4] 画像は.eps形式で保存してください。
※.pdfデータは印刷時に変化する恐れがございます。使用しないでください。
※拡張子を必ずつけてください。(拡張子とは タイトルの後に付く.eps の事です)

画像の解像度

アウトライン化について

Illustratorでのご入稿の際は、必ずアウトラインの作成をお願いします。フォントは全てアウトライン化をお願いします。

特殊効果について

■ドロップシャドウ 透明効果、ドロップシャドウ、ぼかしのご利用は入稿時に設定が変わる可能性があるためお勧めいたしません。
もしご利用される場合は、必ず「ラスタライズ処理」を行い、画像に変更をしてください。

■オーバープリント トラブルの原因となりますので、オーバープリント設定をしないでください。
作成画面での確認はできませんので十分ご注意ください。
ご利用されていることにより、デザインの一部柄や文字が消える危険がございます。

■スウォッチ(パターン) パターンによる連続した模様を利用している場合、パターンのサイズや模様の位置が変化して印刷される危険がございます。
ご利用される場合は、入稿前に「分割・拡張処理」を行ないパスになった事をご確認ください。

入稿時の注意事項

■データ作成ソフトについて
対応OS Windows、Macintosh
対応ソフト Adobe Illustrator (※バージョンはCS6のデータまで)

■データ入稿についてのおことわりとお願い
ご入稿いただいたデータの内容や状況によっては再度ご入稿頂く場合もあります。
データ作成不具合による再入稿に伴い納期が変更になる場合があります。ご了承ください。
メールの添付以外の方法にてデータを再入稿される際は、お手数ですが必ずご連絡ください。